会社沿革

株式会社モリカワの沿革

1961年森川産業 ㈱ 森川寿社長が自社製品販売を目的にバルブ機械工場を新設する
1961年総販売元として「森川興業 ㈱ 」を創設する
1961年鋳造・加工・組立・テストの一貫生産体制で稼動開始する
1961年創業日を6月2日とし、各種冷凍冷房用のバルブを販売開始する
1965年「森川バルブ㈱」に社名を変更する
1968年本社を「長野県更埴市鋳物師屋150番地」から、「東京都豊島区上池袋1丁目33番20号」に移転する
1968年日機装 ㈱ とノンシールポンプの販売を提携し、総代理店となる
1972年米国エマソン・エレクトリック社と販売を提携し、日本総代理店となる
1998年Sタイプ装置が「東京都産業技術大賞」(環境循環型社会づくりに貢献する製品・技術)にて入賞する
1998年森川バルブ ㈱ と森川産業 ㈱ 東京事業所を統合して、冷凍空調機器部門、環境機器部門、電子機器部門の三事業体制とし、社名を「 ㈱ モリカワ」に変更する
1999年「新分野進出法」認定により製造業に転換し、第2創業期としてスタートする
1999年「創造法」認定を受け新方式ガス回収装置の開発をスタートする
1999年Sタイプ装置が「第26回優秀環境装置日本産業機械工業会会長賞」を受賞する
1999年環境機器部門の長野工場の稼動を開始する
2002年東京都「経営革新法」の認定を受け、環境機器事業を経営の柱に位置づけ3ヵ年事業計画をスタートする
2002年環境機器部門の長野工場を長野事業所とし事業部を集約、開発生産体制を整備する
2002年資本金を3,100万円に増資する
2005年Sタイプ装置がジクロロメタン処理技術の実証試験にて高評価を受け、環境省「VOC処理技術分野実証モデル事業」に認定される
2006年経済産業省「元気なモノ作り中小企業300社」に認定される
2006年東京都地域結集型研究開発プログラムにおいて「都市の安全・安心を支える環境浄化技術開発」主要開発企業に認定される
2007年東京都「中小企業事業化支援ファンド」投資先第一号に認定される
2007年資本金を6,700万円に増資する
2008年資本金を9,700万円に増資する
2008年Sタイプ装置が日本工業新聞社主催「第11回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞環境大臣賞」を受賞する
2008年茨城配送センターを長野県千曲市へ移設し、千曲配送センターの稼働を開始する
2010年地方独立行政法人東京都産業技術研究センターとの共同開発を開始する
2011年環境機器部門の東京営業所を開設し、稼働を開始する
2012年経済産業省「異分野連携新事業分野開拓計画(新連携)」の認定を受け、分離移動式VOC回収システム事業化計画をスタートする
2013年Sタイプ装置が資源循環技術・システム表彰「一般社団法人産業環境管理協会会長賞」を受賞する
2013年東京都「経営革新法」の認定を受け、環境機器事業拡大3ヶ年計画をスタートする
2017年本社を「東京都豊島区上池袋1丁目33番20号」から、「東京都豊島区東池袋5丁目45番5号」に移転する
2018年森川 毅が代表取締役社長に就任する
2018年Sタイプ装置の(F型)が「日本産業洗浄協議会産業洗浄優秀新製品賞」を受賞する
2018年秋の叙勲において、代表取締役会長 森川潔が「旭日単光章」を受章する
2019年森川産業 ㈱ のバルブ製造事業を譲り受け、「バルブ事業の製販一体体制」を構築する
バルブ事業部と環境事業部の「二事業部体制」とする
2019年森川産業 ㈱ 千曲工場を長野事業所として稼働開始する
千曲配送センターをバルブ事業部製造部に統合する
2020年経済産業省「グローバルニッチトップ企業100選」に認定される