バルブ事業部について

国内シェア7割の大型冷凍設備向けのバルブ

バルブ事業部で販売している大型冷凍設備向けのバルブは、創業以来60年以上ずっとトップを走り、今ではおかげさまで、多くのお客様からご注文をいただいております。ここまで高く評価されている理由としては、何といっても品質の良さにあります。特に、何年、何十年経っても冷媒が漏れにくいシール性については、お取引先からもお墨付きをいただいております。

とある設計者の方は「どの企業のバルブよりも、モリカワさんのバルブが一番品質が良いね。」と話してくださいます。また、別のある方は「一度、各企業のボールバルブを集めてみて、どの製品のリーク量が少ないかを実験したんだけど、モリカワさんが一番漏れなかったね。」と貴重なお話をいただきました。

私達は常に冷媒用バルブメーカーとして、この品質に誇りを持ち、これまでの歴史を築き上げた先人達から受け継いでいる「モノづくりの精神」を抱きながら、さらに発展・向上させていき、次の世代へ伝えていきます。

世界市場で活躍するエマソン製品

当社は1972年に米国アルコ社【現エマソン・クライメイト・テクノロジーズ(以下エマソン)】と販売提携をし、50年以上、この製品の取り扱いを行ってまいりました。 エマソンは、非常にグローバルな販売網を持つ世界屈指の自動制御機器メーカーで、1925年にアンモニア用自動膨張弁を世界で初めて生産したアルコ・バルブ・カンパニーを母体として大きく発展してきました。

㈱モリカワはこの幅広いエマソンの製品群から日本市場に適した製品を厳選し供給しています。

主な製品は、電子制御弁・温度式膨張弁・電磁弁・ドライヤ・サクションフィルタ・圧力トランスミッタ・アキュームレータ・オイルセパレータ・サイトグラスなどです。

当社のお客様が、数ある自動制御機器メーカーからエマソンを選ぶ理由としては、大きな信頼があるからだとおっしゃいます。それは製品に関するものだけでなく、社員との信頼関係も含まれています。

私達は50年以上築き上げたこの信頼によって、私達自身も、エマソン製品も、まだまだ発展し続けると確信しています。