Home / 冷凍空調機器部門 / 電子制御弁EXシリーズ / 電子制御弁 EX

電子制御弁 EX

エマソンのEX4/EX5/EX6/EX7/EX8は、空調、冷凍、ヒートポンプ、精密制御、産業用冷却用において冷媒のマスフローを正確に行うステッピングモータ駆動式の電気制御弁です。このコントロールバルブは、膨張弁、液噴射弁、ホットガススパイス弁、蒸発圧力調整弁、吸入圧力調整弁、凝縮圧力調整弁、液面制御弁として用いることができます。 電気制御弁EXシリーズは、冷媒回路中の膨張弁として、各種調整弁として幅広くご使用になれます。ご使用にあたっては、 電気制御弁の型式を選定し、お客様の状況に合わせコントローラ、ドライバを選択しご使用下さい。

電気制御弁

電気制御弁 EX4/EX5/EX6/EX7/EX8

製品
EX4-I21
EX8-U21
特徴
  • 全ての標準的冷媒(HCFC、HFC)とサブクリティカルCO、用途に適合
  • 完全密閉構造
  • ステッパーモータ駆動式
  • 迅速ストローク(EX4/5/6は1.5秒、EX7は3.2秒、EX8は5.2秒)
  • ヒートポンプ用にバイフローモデル
  • 電磁弁以上のシャットオフ機能
  • 直線性に優れるフロー性能
  • きわめて広い制御範囲(10…100%)
  • 冷媒マスフローの連続的モジュレーションにより、冷媒回路に液ハンマーを生じない
  • モータとバルブ部のダイレクトカップリングにより、信頼性が大
  • セラミック製スライド弁により精確なフローと高耐磨耗性
  • バランスフォース設計
  • 耐食性に優れるステンレス製ボディ
  • 欧州特許N0.0743476、米国特許N0.5735501、日本特許N0. 28225789
構造 EX4/EX5/EX6/EX7/EX8は、弁部とステッピングモータ部の2つの主要アセンブリから構成されています。ステッパーモータは弁体のスライドケージアセンブリと直接接続しています。圧縮機に用いられている技術と同じく、モータは冷媒と冷凍機油にさらされており、使用材料も同様な材質です。モータ部と弁部のハウジングは、ガスケット不要の完全密閉設計です。当デザインの利点として、モータと弁部のダイレクトカップリングによる単純且つ信頼性の高い弁駆動ができる点、バルブの寿命を短くしたり、漏れの原因となったりするベローズやダイアプラムを使っていない点があげられます。4つの電気端子ピンがモータと外部の接続部となります。このピンは、ガラス溶着技術でハウジングにつながっています。EX4/5/6/7/8のピンは、M12タイプの電気コネクタを接続します。電気制御弁は継手部も含めて、ステンレス製です。温度式膨張弁と異なり、EX4/5/6/7/8にはセラミック製のスライドポートが使用されています。
電気制御弁選定上のガイドライン 電気制御弁の最大の能力を引き出すためには、次のガイドラインを考慮して下さい。・当資料中の能力表示は最大能力であり、温度式膨張弁にあるような余剰能力部分はありません。・大きい能力のバルブはプルダウン時間が短く、トラベル時間も短くなります。つまり、反応が迅速です。例えばEX7の最大トラベル時間は3.2秒ですが、50%能力で使用した場合、トラベル時間はおおよそ半分の1.6秒となります。
資料 ①カタログ資料 ②カタログ資料 ※詳細については弊社までお問い合わせください。資料をお送りいたします。